なぜ利用が多いのか

住宅模型

最近は賃貸保証会社を利用する物件オーナーが増えていますが、その理由としてまず挙げられるのは、家賃を確実に回収できるからというものです。賃貸保証というのは、連帯保証人の代行をするサービスであり、家賃滞納があった際にそれを保証会社に肩代わりしてもらうことができます。ですので、入居者がなかなか支払ってくれないため家賃収入を確保できないという事態を避けることができるのです。賃貸で資産運用をする人にとっては、家賃収入が何より重要ですが、最近は滞納する入居者が増えていると言われているため、そのことに頭を悩ませているオーナーも少ないないでしょう。しかし賃貸保証会社を利用すれば、確実に家賃を得ることができるので、連帯保証人が用意できる場合でもサービスの利用を義務付けているケースが多いのです。しっかりと連帯保証人を用意できる場合でも、その保証人が支払いを渋るというケースもあるため、保証会社を利用すればより安心することができるでしょう。そして賃貸保証会社を利用する際は、保証料や更新料を支払う必要があるのですが、その費用を負担するのは入居者の側になります。そのため、物件オーナー側は自ら費用負担をすることなくサービスが利用できるというメリットもあるのです。さらに賃貸保証会社を利用すると、滞納家賃の保証だけでなく退去する際に発生する原状回復費などの保証もしてもらうことができるので、オーナーにとっては心強い存在だと言えます。

代位弁済と収納代行

住宅模型

賃貸保証会社には、滞納家賃の支払い方法に関する種類として代位弁済タイプと収納代行タイプの2つがあります。「代位弁済タイプ」は、まずオーナー自身が滞納を確認する必要があり、それを保証会社に請求すると支払いが行われるというものになります。このタイプは、オーナーが自分で確認するという手間がかかる点と、管理会社を通さないと受付されないケースがあるという点に注意が必要です。一方の「収納代行タイプ」は、滞納の有無に関わらず保証会社から毎月家賃の支払いが行われるという仕組みになっているため、代位弁済より手間がかからないと言えるでしょう。

審査の難易度による種類

相談

賃貸保証会社は、審査の難易度によって信販系と協会系、そして独立系と呼ばれるものの3つに分けることができます。「信販系」は、文字通り信販会社のグループ会社が運営しているところであり、金融機関の信用情報を元に審査をしているのでより信頼できる入居者を選ぶことが可能です。「協会系」は、その協会に加入している保証会社同士で家賃滞納などの履歴を共有しているところであり、その情報を使って審査を行います。そして「独立系」は、保証会社独自の情報で審査を行う(上記のような情報共有がない)ため、最も審査に通りやすいと言われています。

広告募集中